タグ別アーカイブ: 食事制限

おにぎりダイエットでストレスフリー

糖質制限ダイエットにつきものの症状!
それは「ごはん」が食べたい!!でした。
勿論、糖質制限ダイエットは効果的だと思います。
慣れてくると、ご飯やパン・パスタなど、制限前に比べると食べたい気持ちはだいぶ減ります。

でも、それでもごくたまに食べたくなるのが「ごはん」です。
痩せている人が、何も気にせずパクパク炭水化物を摂取している姿をみると、本当にうらやましくなるし、自分が嫌になります!
そこで、最近定期的に取り入れるようになったのが「おにぎりダイエット」です。
日本人に生まれてよかった!!と思う瞬間!
それは、おにぎりを食べるときに生じます!
私にぴったりだー!!
しかもEXILEも実践されているらしいじゃないですか!
おー!私も筋肉モリモリになれるか?と思いきや、筋トレしないのでなりません。
筋トレしなくても、食べながらキレイに痩せられるなんて、運動が嫌いな私には朗報です。

【おにぎりダイエット方法その1】 おにぎりは冷たいまま食べる!
おにぎりは温めたらいけません。温めると血糖値が上昇しやすくなり、糖質がエネルギーに変わりにくくなります。

自分で作って食べるときは、冷ましてから食べましょう。
ほんのり人肌くらいなら、食べても血糖値は上昇しにくいみたいですよ。

【おにぎりダイエット方法その2】 肉の具は避けて、せめて魚の具で、一番は昆布や梅干し!
コンビニに行くと肉そぼろやプルコギ焼肉おにぎりなど、お肉が具のおいしいおにぎりがたくさんあります。
でも、ここでは我慢。お肉とご飯の相性は口の中では本当に抜群ですが、ダイエットの相性は最悪です。
魚の具も、シーチキンはマヨネーズとご飯と塩分というトリプルおいしい要素がおデブの原因になるので避けたいところです。
どうしても、魚の具が欲しい場合は、血糖値の上昇を緩やかにする鮭やサバ寿司を選ぶとgood!です。
でも一番いいのは、肉と魚のたんぱく質・脂質が入っていない昆布や梅干しなどの具です。

【おにぎりダイエットその3】実践期間は2週間!限定で行う!
栄養が偏りやすいダイエットなので、ぜったいに長期間は行いません。
1日3食まんべんなく摂取することも効果的です。

【おにぎりダイエットその4】野菜は積極的に摂取する!
おにぎりを食べる前に、サラダを食べることは更に「おにぎりダイエット」の効果を加速させます!
サラダがないときは、野菜ジュースを摂取してからおにぎりを食べましょう。
私のお勧めは、糖質の少ない青汁です。野菜ジュースを買うときは、成分表をみてできるだけ糖質量・炭水化物量の少ないものを選びましょう!

以上の4つがおにぎりダイエットの必勝法です!
【おにぎりダイエット方法その1】 おにぎりは冷たいまま食べる!
【おにぎりダイエット方法その2】 肉の具は避けて、せめて魚の具で、一番は昆布や梅干し!
【おにぎりダイエットその3】実践期間は2週間!限定で行う!
【おにぎりダイエットその4】野菜は積極的に摂取する!
あくまで期間限定のダイエットなので、楽にできるかと思います。
何よりお財布にやさしいです。
もし実践中に飲み会が入ったら、私はその時の食事だけ炭水化物を抜きます。
それ以外は、またおにぎりダイエットに戻します。
一人でも多くの人が、楽にダイエットに成功してほしいなと願うばかりです。

シンプルにできる3つのダイエット方法

ダイエットは、一生懸命がんばったからといって、1日や2日で、すぐに効果があらわれるものではありません。
長い月日を視野にいれて、計画的におこなう必要があります。
また、体重が落ちたからといって、食事の量を元に戻してしまうのも、注意が必要です。
食事制限をしたあとは、体が脂肪を蓄積しやすい状態になっているので、油断は禁物です。
ダイエットを成功させるには、シンプルなダイエット方法を健康と美容のために続けることが大切になってきます。

シンプルなダイエット方法の1つに、「砂糖断ちダイエット」があります。
砂糖断ちダイエットは、その名前のとおり、砂糖を含む食品を食べないようにするダエイッとのことをいいます。
ケーキやドーナツ、アイスクリームなど、口寂しいときに、ついつい食べてしまいがちですが、我慢するようにしましょう。
飲み物の砂糖も、知らないうちに摂取していることが多いです。
コーヒーや紅茶には、意外にも多くの砂糖が含まれているので、注意が必要です。
砂糖を摂取しないように心がけるだけで、体の脂肪が減りやすい体質へと改善することができます。
一時期、「炭水化物抜きダイエット」が流行したことがあります。
うどんやパスタ、パンなどの多く含まれている炭水化物はエネルギー源として必要なものです。
食べすぎは体に、よくありません。
炭水化物のとり過ぎに注意し、タンパク質や野菜をしっかりとるように意識するようにしましょう。
ビタミンやミネラル、食物繊維を摂取することになるので、腸の調子を整えることができます。
代謝がよくなり、ダイエットの効果も高まります。

食事を工夫するダイエットと同時に、筋肉を鍛える運動をするのも、おすすめです。
筋肉量を増やすことで、代謝のいい体へと体質を変化させることができます。
筋肉トレーニングをするときは、大きな筋肉を鍛えることがポイントです。
太もも、背中、胸にある筋肉はビック3と呼ばれる大きな筋肉です。
ここを鍛えることで、効率的に代謝を改善させることができます。
スクワットは手軽におこなうことができる筋肉トレーニングの代表です。
テレビを見ながらでも、おこなうことができます。
スクワットを続けるのは苦しいと思う人も多いかと思いますが、腹筋を100回するよりもスクワット15回したほうが効果は高いと言われています。
15回ぐらいなら、テレビを見ながら簡単にスクワットができそうですよね。
シンプルにできる3つのダイエット方法を普段から続け、習慣にしてしまいましょう。

上手なプチ断食のやりかた

1日でも早く目標体重に近づけるようにダイエットをしたいと思う人も多いかもしれません。
そんな人におすすめしたいのが、プチ断食です。

断食といえば、つらいものというイメージが強いですが、週末だけ食事を我慢するプチ断食は、今、とても人気のあるダイエット方法になっています。
プチ断食の方法は、とても簡単です。
週末の1日間だけ、食べ物を我慢するダイエットです。
スポーツジムやエステに通うことなく、自宅で手軽におこなうことができます。
断食というと、食べ物はもちろん飲み物も口にしてはいけないようなイメージが強いかと思います。
ですが、プチ断食では飲み物を飲むことができます。
腹持ちのいい野菜ジュースなどを上手に取り入れれば、プチ断食の成功率も大きくなるはずです。
プチ断食は体重を落とすのにとても有効であると同時に、内臓を休ませることができるという利点もあります。
食事ととらないことで、胃や腸を休ませることができます。

腸内にたまっている老廃物を全部取り除くこともできるので、プチ断食はおすすめです。
プチ断食をはじめるなら、前日の食事量を少しおさえるのがポイントになります。
それにより、体へとかかる負担を少し軽くすることができるからです。
負担が大きくなるとストレスにもなるので、前日の準備期間は重要です。

また、プチ断食をした次の日の食事も大切になってきます。
食事をしていない胃や腸に、急に消化の悪いものや、大量のものを入れるのはよくありません。
脂っぽい食事を避け、少しずつ元の食事に戻すようにしていきましょう。
プチ断食をしたことで、胃の大きさも小さくなっているはずです。
せっかく胃が小さくなっているので、一気の食べて胃を大きくすることはもったいないです。
小さくなった胃の状態が普通だと思えるよう、少しずつ食事の量を増やすようにしていきましょう。
プチ断食をしている途中で、どうしてもなにか食べたい時があるかもしれません。
そんなときは、ダイエットを中断させてしまうよりも、ヨーグルトを食べて気を紛らわせて、最後まで実行するようにしてみましょう。

ヨーグルトは腸内の環境をキレイに整えてくれる働きがあります。
プチ断食で腸内の食べ物が少ない時こそ、ヨーグルトを食べれば、その働きも大きく作用してくれます。
プチ断食はダイエットのためだけではなく、美容や健康維持にも効果があります。
ぜひ、モチベーションを下げないよう、うまくヨーグルトや野菜ジュースを使って、チャレンジを続けていきたいですね。

ダイエットのモチベーションを維持するために…

ダイエットが長続きしなくって悩んでいる人は、とても多いと思います。
また、一度体重が落ちてダイエットが成功したものの、気がついたら元の体重に戻ってしまった人も、たくさんいるかと思います。
いわゆる、リバウンドですね。
ダイエットが失敗してしまう原因は、いくつかあります。
自分にあっていないダイエット方法を選んでしまったことや、目標を高く設定してしまったことなど、さまざまです。

1人でダイエットに挑戦することも、失敗につながりやすくなるので注意が必要です。
1人でダイエットをしていると、どうしてもモチベーションがさがってしまいます。
自分のダイエットを応援してくれる人もいません。
もし失敗しても、誰にもバレることがありませんし、怒られることもありません。
ついつい、ダイエットをサボってしまい、失敗へと繋がっていきます。
そんなときは、友人やSNSなどでダイエット宣言をしてみるのも、1つの方法です。
自分のダイエットを見守っている人がいると思うと、やせたいというモチベーションが長く維持されます。
また、ダイエットのアプリを使うという方法もあります。
スマホにダイエットアプリをインストールすれば、スマホを使用する時にダイエットのことを思い出しことができます。

ダイエットアプリの中には、自分の食生活や体重を書きこんだり、それをSNSへと発信できるものもあります。
上手に利用して、モチベーションを保っていきたいですね。
ひとことでダイエットアプリといっても、数多くの種類があります。
まずは、自分の今の体重を入力するだけのシンプルなものから使いはじめるのがおすすめです。
最初に自分の目標体重を設定して『目標まであと**キロ』と表示されるものが主流です。
あとどれぐらい頑張ればいいのか、一目でわかります。
また、毎日の自分の体重をチェックしているので、ダイエットをしてどのぐらい体重が減ったのか、すぐにわかるという利点もあります。
確実にやせていってるのを知ることで、ダイエットのモチベーションもあがってくるはずです。
シンプルな体重を入力するだけのアプリに慣れてきたら、食事を記入できるアプリへと変えてみるのも楽しいです。

『なにも食べていないはずなのに、全然やせないな』って思っている人も多いかもしれません。
ですが、いざ記録をつけてみると、意外と食べているものです。
食事内容を記入できるアプリは、知らないうちに食べてしまっている間食を気づくことができるので、おすすめです。

食生活を見直すだけで、ダイエット効果がある?

ダイエットというと、食事制限をしなくてはいけないところがツライですよね。
毎日食べているものが体に影響を及ぼすので、食生活を改善することがダイエットには必要不可欠です。
また、体重を落とすだけでなく健康の面を考えても、食生活を整えておくことは大切です。
急激に食事の量を制限するのは体への負担も大きいです。
ストレスにもなりかねません。

まずは今の食生活を見直していくところからはじめるのもいいかもしれませんね。
菓子パンやジュースを日常的に摂取している人は、ここから見直してみましょう。
菓子パンは朝食やランチはもちろん、おやつにもなる美味しい食品です。
ですが、とてもカロリーが高くなっています。
パッケージに書かれているカロリーをチェックしてみれば、すぐにわかると思います。
菓子パンを2つ食べただけで、かつ丼や親子丼、天丼のカロリーを越えてしまう可能性もあります。
そこに、砂糖がたくさん含まれているジュースを飲めば、あっという間に一日の摂取カロリーをオーバーしてしまう危険があります。
ジュースを飲むかわりに、お茶や水を摂取すれば、簡単に食生活を整えながらダイエットをすることができます。

どうしても甘いものが食べたくなったら、ゼリーやフルーツを食べることをおすすめします。
フルーツは、ご飯やお肉と比べるとカロリーが低いです。
それでいて、とても食べ応えのある食品です。
摂取カロリーをおさえつつ、満腹感を覚えることができるので、フルーツやゼリーはとてもおすすめです。
おやつのかわりにしたり、朝食のかわりに食べるのもおすすめです。
朝食、昼食、夕食のバランスを考えることも、ダイエットには重要です。
寝る前に大量の食事をしてしまうのは、よくありません。
体を動かさずに、そのまま寝てしまうため、食べた物が脂肪として体に蓄えやすくなります。
夕食の食事量は少なくするようにしましょう。
そのかわりに、朝食や昼食の量が増えてしまう場合があるかもしれません。
ですが、日中で体を動かしているぶん、脂肪にはなりにくいはずです。
朝食か夕食。
どの時間帯をメインの食事タイムにするか変えるだけで、ダイエットへとつなげることができます。
これなら、1日トータルの食事量は変わりませんので、ストレスも少ないはずです。
急激な食事制限と比べると、ダイエット効果は、すぐにはあらわれないかもしれません。
ですが毎日続けることで、体重を確実に減らすことができるはずなので、ぜひ実践していきたいですね。

白湯ダイエットで、ストレスなく体質改善しちゃいましょう

あと10キロやせるぞ!
という大きな目標をたててダイエットに挑戦する人も多いかと思います。
急激な食事制限やスポーツをおこなうダイエットは、効果が大きいですが、体への負担も大きくなってきます。
それにともない、ストレスも大きくなります。
せっかくやせたのに、体重が元に戻ってしまうリバウンドがおこる原因の1つがストレスです。
リバウンドの怖いところは、ただ単に体重が元に戻るだけではないということです。
ダイエットをおこなうと、脂肪と同時に筋肉が落ちてしまいます。
リバンドは、筋肉が落ちた体に脂肪がついてしまうことをいいます。
体重は同じでも、脂肪の量はダイエット前より多くなってしまう可能性が高いです。
リバンドをしないようストレスの少ない、ゆるやかなダイエットをおこなうことも覚えておいて損はありません。

まずは、自分の体質をやせやすい体へと改善していきましょう。
ダイエットをしても、なかなかやせられないという人は、基礎代謝が低くなっているのかもしれません。
基礎代謝が低い人は、代謝をあげるようにしていけば、ダイエットへ結びつけることができます。
簡単に基礎代謝をあげる方法の1つに、白湯ダイエットがあります。
やりかたは、とても簡単です。
あたたかいお湯を飲むだけです。
たったこれだけで、体重がへるなんてお得ですよね。

白湯を飲むと、体があたたまります。
体温があがれば、冷え症も改善され、汗もかくようになり、基礎代謝をあげることができます。
体があたたまるので冬におすすめのダイエットですが、夏にするのも効果があります。
夏も冷房で意外と体が冷える機会が多いので、寝る前にお湯を飲んで体をあたためてあげるといいかもしれません。
体温があがることで、寝つきもよくなります。

また、積極的にお湯を飲むことで、利尿作用も得ることができます。
白湯が体にたまってしまった毒素を、体の外へと排出してくれるのです。
胃や腸などの内臓が綺麗になるので、食べ物の消化の働きもあがります。
白湯ダイエットでお湯を飲む量の目安は、1日に800ミリリットルが理想的です。
これはコップにすると、約4杯ほどになります。
朝昼晩と寝る前に飲むと、ちょうどいいかもしれませんね。
白湯ダイエットはストレスが少ないうえに、やせやすい体へと体質を変えることができるので、ぜひ日常生活の一部に取り入れていきたいダイエット方法です。
食事の時のお茶、おやつタイムのコーヒーをお湯にするだけなので、チャレンジしてみてください。

食事制限ダイエットのやりかた

ダイエットをするなら、短期間で確実にやせられるものに挑戦したいですよね。
食事制限ダイエットは、短い時間で体重を落とすことができるから、すぐにでもやせたい人には嬉しいダイエット方法になります。
ですが、極端な食事制限は体によくありません。
栄養のバランスが崩れ、体調を悪くしてしまう可能性もあります。
体重がなかなか落ちにくくなる停滞期間や、リバンドをすることもあるので、食事制限ダイエットは注意が必要です。

食事制限ダイエットは、ただ食べなければいいというわけではありません。
絶食ダイエットとは違うということを、意識しなければいけません。
食事制限ダイエットで1番大切なポイントは、健康状態を維持しながら、食事での摂取カロリーを減らすということです。

そのためには、まずはカロリーに低い食べ物を知っておくことが大切です。
カロリーの低い食品といえば、こんにゃくや寒天、しらたきやワカメなどがあげられます。
これらは食物カロリーも豊富に含まれていますので、低カロリーというだけではなく、美容のためにも積極的にダイエット中に食べたい食品です。
シメジやナメコ、マイタケなどのキノコ類、レタスやチンゲン菜などの野菜も低カロリーです。
お肉を食べるなら、鶏肉がおすすめです。
中でもササミは100グラムで105kcal、鳥むね肉なら108kcalと、摂取カロリーを低くおさえることができます。

ご飯をおかゆとして食べるという方法もあります。
ご飯だと、100グラムで約168kcalもありますが、おかゆにするだけで約71kcalと半分以上も少なくすることができます。
これは、お米に水分をたっぷりと吸わせることで、量が増えることが原因です。
これと同じ要領で、食事の時に水分を一緒に飲むというのも、とてもいいダイエットへと繋がります。
食事をする前にコップ1杯の水を飲むだけで、だいぶ腹持ちが変わってきます。
食事制限をすると、どうしても食品から得られる水分量も減ってしまいます。
それに加えて、人間の体は水分が減ったも空腹だと認識するそうです。
上手に予防するためにも、水を飲むということは大切になってきます。

食事をしている時は、ゆっくりと20分以上時間をかけて食べるように意識してみるのも大切です。
それは、食べはじめてから20分ぐらいから満腹中枢が刺激されるからです。
ダイエットのためはもちろん、胃や消化器官のためにも、ゆっくりと食事をすること意識してみましょう。

食事制限だけでやせるって、ムリですか?

ダイエットの手段といえば、食事制限と運動の2つをあげることができます。
ダイエットをしたいけど運動が苦手だからしたくないという人も、たくさんいるかと思います。
たしかに、普段運動をしていない人が、ダイエットにためにスポーツをはじめるのは、かなり大変なことです。
やり慣れていないため、どうおこなえばいいのかわからないし、間違った方法をしてしまったため、体を痛めてしまうという可能性もあるかもしれません。

また、消費カロリーの面を見てみても、運動の消費カロリーは低いです。
食事で500kcalをカットしたいなら、スナック菓子を1袋我慢すればOKです。
ですが、運動で500kcalをカットするなら、約7キロほどのランニングが必要になってきます。
効率的に体重を落とすなら、食事制限だけで充分なのかもしれません。
ですが、ダイエットで1番大切なことは『健康的に綺麗にやせること』です。
食事制限だけのダイエットは、脂肪だけではなく、筋肉も大きく減らしてしまいます。
筋肉が減れば、生命維持に必要な基礎代謝も低くなります。
適度に引き締まった綺麗なプロポーションにも、筋肉は必要です。
ダイエットをするなら、ぜひ食事制限と運動の両方を組み合わせて挑戦してみましょう。

運動と言っても、いきなりハードなものをする必要はありません。
普段運動をしていない人は、ストレッチからはじめてみることをおすすめします。
ストレッチをおこなうと、体が柔らかくなります。
膝関節や股関節が柔らかければ、運動をしてケガをするリスクも低くなります。
また、ストレッチをすると体全体の血行がよくなります。
そのことで基礎代謝があがり、ダイエット効果も大きくなります。
いつもの生活にストレッチを取り入れるだけなので、ぜひチャレンジしたいですね。
ストレッチをおこなうなら、入浴後におこなうのが効果的です。
体があたたまっているぶん、効果も大きくなります。
リラックス効果も期待することができます。

寝る前にストレッチをすれば、睡眠中に脳も体もリラックスすることができます。
寝不足が寝つきが悪いと悩んでいる人にも、ストレッチはおすすめです。
ストレッチは自宅で手軽におこなえます。
テレビを見ながらできるのも嬉しいポイントです。
簡単にできる運動のため、速効性はありませんが、長く続けていくことで体を引き締めて確実に体重を落とす効果があります。
まずは自分のペースを守って、少ない回数からはじめてみるのもいいですね。