タグ別アーカイブ: 糖質制限

おにぎりダイエットでストレスフリー

糖質制限ダイエットにつきものの症状!
それは「ごはん」が食べたい!!でした。
勿論、糖質制限ダイエットは効果的だと思います。
慣れてくると、ご飯やパン・パスタなど、制限前に比べると食べたい気持ちはだいぶ減ります。

でも、それでもごくたまに食べたくなるのが「ごはん」です。
痩せている人が、何も気にせずパクパク炭水化物を摂取している姿をみると、本当にうらやましくなるし、自分が嫌になります!
そこで、最近定期的に取り入れるようになったのが「おにぎりダイエット」です。
日本人に生まれてよかった!!と思う瞬間!
それは、おにぎりを食べるときに生じます!
私にぴったりだー!!
しかもEXILEも実践されているらしいじゃないですか!
おー!私も筋肉モリモリになれるか?と思いきや、筋トレしないのでなりません。
筋トレしなくても、食べながらキレイに痩せられるなんて、運動が嫌いな私には朗報です。

【おにぎりダイエット方法その1】 おにぎりは冷たいまま食べる!
おにぎりは温めたらいけません。温めると血糖値が上昇しやすくなり、糖質がエネルギーに変わりにくくなります。

自分で作って食べるときは、冷ましてから食べましょう。
ほんのり人肌くらいなら、食べても血糖値は上昇しにくいみたいですよ。

【おにぎりダイエット方法その2】 肉の具は避けて、せめて魚の具で、一番は昆布や梅干し!
コンビニに行くと肉そぼろやプルコギ焼肉おにぎりなど、お肉が具のおいしいおにぎりがたくさんあります。
でも、ここでは我慢。お肉とご飯の相性は口の中では本当に抜群ですが、ダイエットの相性は最悪です。
魚の具も、シーチキンはマヨネーズとご飯と塩分というトリプルおいしい要素がおデブの原因になるので避けたいところです。
どうしても、魚の具が欲しい場合は、血糖値の上昇を緩やかにする鮭やサバ寿司を選ぶとgood!です。
でも一番いいのは、肉と魚のたんぱく質・脂質が入っていない昆布や梅干しなどの具です。

【おにぎりダイエットその3】実践期間は2週間!限定で行う!
栄養が偏りやすいダイエットなので、ぜったいに長期間は行いません。
1日3食まんべんなく摂取することも効果的です。

【おにぎりダイエットその4】野菜は積極的に摂取する!
おにぎりを食べる前に、サラダを食べることは更に「おにぎりダイエット」の効果を加速させます!
サラダがないときは、野菜ジュースを摂取してからおにぎりを食べましょう。
私のお勧めは、糖質の少ない青汁です。野菜ジュースを買うときは、成分表をみてできるだけ糖質量・炭水化物量の少ないものを選びましょう!

以上の4つがおにぎりダイエットの必勝法です!
【おにぎりダイエット方法その1】 おにぎりは冷たいまま食べる!
【おにぎりダイエット方法その2】 肉の具は避けて、せめて魚の具で、一番は昆布や梅干し!
【おにぎりダイエットその3】実践期間は2週間!限定で行う!
【おにぎりダイエットその4】野菜は積極的に摂取する!
あくまで期間限定のダイエットなので、楽にできるかと思います。
何よりお財布にやさしいです。
もし実践中に飲み会が入ったら、私はその時の食事だけ炭水化物を抜きます。
それ以外は、またおにぎりダイエットに戻します。
一人でも多くの人が、楽にダイエットに成功してほしいなと願うばかりです。

シンプルにできる3つのダイエット方法

ダイエットは、一生懸命がんばったからといって、1日や2日で、すぐに効果があらわれるものではありません。
長い月日を視野にいれて、計画的におこなう必要があります。
また、体重が落ちたからといって、食事の量を元に戻してしまうのも、注意が必要です。
食事制限をしたあとは、体が脂肪を蓄積しやすい状態になっているので、油断は禁物です。
ダイエットを成功させるには、シンプルなダイエット方法を健康と美容のために続けることが大切になってきます。

シンプルなダイエット方法の1つに、「砂糖断ちダイエット」があります。
砂糖断ちダイエットは、その名前のとおり、砂糖を含む食品を食べないようにするダエイッとのことをいいます。
ケーキやドーナツ、アイスクリームなど、口寂しいときに、ついつい食べてしまいがちですが、我慢するようにしましょう。
飲み物の砂糖も、知らないうちに摂取していることが多いです。
コーヒーや紅茶には、意外にも多くの砂糖が含まれているので、注意が必要です。
砂糖を摂取しないように心がけるだけで、体の脂肪が減りやすい体質へと改善することができます。
一時期、「炭水化物抜きダイエット」が流行したことがあります。
うどんやパスタ、パンなどの多く含まれている炭水化物はエネルギー源として必要なものです。
食べすぎは体に、よくありません。
炭水化物のとり過ぎに注意し、タンパク質や野菜をしっかりとるように意識するようにしましょう。
ビタミンやミネラル、食物繊維を摂取することになるので、腸の調子を整えることができます。
代謝がよくなり、ダイエットの効果も高まります。

食事を工夫するダイエットと同時に、筋肉を鍛える運動をするのも、おすすめです。
筋肉量を増やすことで、代謝のいい体へと体質を変化させることができます。
筋肉トレーニングをするときは、大きな筋肉を鍛えることがポイントです。
太もも、背中、胸にある筋肉はビック3と呼ばれる大きな筋肉です。
ここを鍛えることで、効率的に代謝を改善させることができます。
スクワットは手軽におこなうことができる筋肉トレーニングの代表です。
テレビを見ながらでも、おこなうことができます。
スクワットを続けるのは苦しいと思う人も多いかと思いますが、腹筋を100回するよりもスクワット15回したほうが効果は高いと言われています。
15回ぐらいなら、テレビを見ながら簡単にスクワットができそうですよね。
シンプルにできる3つのダイエット方法を普段から続け、習慣にしてしまいましょう。

夜だけ糖質制限ダイエット!

最近よく耳にする「糖質制限」。
食事の量や内容を激しく制限するものと思われている方も多いと思います。
1か月で10kg。というと、それなりの管理のもと頑張るほうが効果はでやすいでしょう。
でも、2週間で1kgほどの減量をお考えにの場合は、そう難しいことではありません。
1日の食事の1食だけ、ほんの少し注意していれば大丈夫。

では、朝・昼・晩、3食のうちのどの1食か?
効果が出やすく、始めやすいのは、夕食です。
朝食は貧血の方が抜くと立ちくらみや目眩など、生活に影響を及ぼします。
また、昼食は一人きりで食べるのは難しい方も多いと思います。
でも、夕食は一人かもしくは家族がいるだけで、あまり周りの目も気になりません。
それに、夕食の後は仕事や勉強など体力を使う事はあまり行いません。
なので、周りの目も気にせず、お手軽に始めることが出来るのです。

糖質制限ダイエットのやり方

糖質というと、炭水化物全般に果物、人参や芋類に、調味料でも、ミリンや麺つゆ当然砂糖!等々あげるとたくさんでてきます。
でも、そこまで神経質にならなくても、夜の炭水化物、果物、芋類の摂取を控えるだけも効果はあります。
気にするのはそれだけ、難しいカロリー計算も、塩分調整も、極端な食事量の制限もありません。
炭水化物、果物、芋類。
この3種類だけ、しかも夕食のみ気をつけていれば、2週間で1kgは確実に減ります。
もっと減らしたい場合は、夕食だけでなく、朝食も制限すれば効果は夕食だけの時よりあがります。
ただ、何事も継続が大切。
やめずにコツコツ続けていくことが大切なのです。
続けるという事は、自分の食事や体型に注意をはらうことにもなります。
自分の生活に注意深くなることで、疲れの兆候にも気づく事ができ、健康管理もしやすくなります。
ダイエットだけではなく、健康のためにも、是非、1食糖質制限をお試しください。