タグ別アーカイブ: カロリー

お手軽にできるダイエットを覚えておこう

ダイエットというと、きつい食事制限と運動を組み合わせておこなわなければ効果がでにくいものです。
ですが、きつい食事制限と運動を毎日続けることは難しいのもたしかです。
また、きつい食事制限や運動を続けていると強いストレスがかかってしまいます
なので、手軽におこなえてダイエット効果があるものをいくつか覚えておくと便利です。
たまには息抜きにお手軽ダイエットを取り入れてみてはいかがでしょうか?

まずおすすめのお手軽ダイエットは、体のラインがでるような、ちょっとキツイ服を着ることです。
自分の体のラインを常に確かめることができるので、ダイエットのモチベーションを保つことができます。
それから、体のラインがまわりの人たちの目に触れることで、無意識にきれいな姿勢をとる効果もあります。
姿勢がよくなることで体のゆがみも治り、余分なところについてしまった脂肪を引き締める効果もあります。
足が見えるスカートを着用すれば、足の部分痩せにも効果があるのでおすすめです。
次に紹介するのは、お手軽にできる運動です。
いつもより、ちょっと速足で歩くだけで消費カロリーをアップさせることができます。
いつもより歩幅を大きくすることも効果的です。
このとき気を付けなければいけないのが、きちんと呼吸をするのを意識することです。
体についた脂肪を燃焼させるには酸素が必要になるからです。
たくさん酸素を体に取り入れられるよう、深い呼吸ができるペースで歩くようにしましょう。
背筋を伸ばすことを意識するのも、お手軽ダイエットにつながります。

背筋をのばすのは、通勤や通学時にもおこなえますし、椅子に座りながらでも簡単にすることができちゃいます。
コツは、頭の上からまっすぐ1本の糸で吊られているのをイメージすることです。
おなかにグっと力を入れて、腰と頭を引き上げるだけで、スタイルがよく見えます。
また、腹筋を鍛える効果もあります。
腹筋を鍛えて筋肉量を増やすと、基礎代謝でのカロリー消化量が増えるので、これからのダイエットを楽にしていくことができちゃいます。
自分の全身が映る鏡を見るのも効果的です。
お風呂に入る前や、あがった後など、自然に近い状態の体をチェックすることで、体全体についている脂肪を確認することができます。
どの部分を細くしたいのか考えながらチェックすることで、ダイエットの意識を高めることができます。
ダイエットが順調に進んでいる場合は、さらに頑張ろうと思えるところも効果的です。
いつものダイエットがつらくなったら、上手にお手軽ダイエットへとチェンジしていくことが大切です。

夏に試してみたい、スイカダイエット

最近、インターネットや雑誌で話題になっているダイエット「スイカダイエット」。
スイカを食べるだけで、やせやすい体質になり、世界中の女性が注目しているとも言われています。
スイカを食べるだけという、とっても簡単なダイエットですが、具体的には、どんな効果があるのか調べてみました。

スイカダイエットを調べてみて、まず驚いたのが、スイカには美容にとっていい栄養素が豊富に含まれているということです。
まずはビタミンAやビタミンCです。
ビタミンCが肌にとっていいことは、誰もが知っていることかと思いますが、ビタミンAも皮膚の新陳代謝を促す効果があるので、美肌には欠かせない栄養素となっています。
そればかりではなく、スイカにはリコピンも豊富に含まれています。
リコピンは、老化の原因となる活性酸素を防ぐ働きがあります。
リコピンがおおい食品の代表といえばトマトですが、スイカには約1.5倍ものリコピンが含まれているそうです。

夏は日焼けをしてしまい、肌のダメージが蓄積しやすい季節です。
スイカダイエットは体重を減らしつつ、美肌になれて一石二鳥ですね。
スイカがダイエットに効果的な理由の1つに、とても水分が豊富だということがあげられます。
スイカは90%が水分です。
そのため、スイカを食べると満腹感を得ることができます。
スイカダイエットなら無理せずに食べるものの量を減らすことができます。
ストレスの少ないダイエットは、食欲が爆発して食べすぎてしまうリバンドを予防できるのが魅力です。
スカイダイエットは、リバウンドしにくダイエット方法と言えますね。
90%が水分のスイカですが、残り10%は糖分です。
そこに、ビタミンA、ビタミンCなどが含まれているのですが、カリウムも豊富に含まれています。
カリウムは、体にたまってしまった水分やナトリウムを排出する働きがありまうす。
カリウムと摂取することで、むくみを解消させることができます。

夏場は、どうしても水分をとる機会が多くなってしまい、体がむくむことも増えてきます。
カリウムが豊富なスイカダイエットなら、むくみも予防できるのが嬉しいポイントですね。
スイカダイエットをおこなうときは、体が冷えすぎないように注意することが大切です。
体が冷えてしまうと、基礎代謝が落ちてしまいます。
スイカを食べるときは、冷やさずに常温で食べるとダイエット効果が高まります。
スイカに含まれている栄養も、冷やすよりも常温のほうが落ちにくいそうです。

野菜スープで、夏太りを予防しよう

「夏」というと、体重が落ちる時期だと思う人が多いかもしれません。
実際、うだるような暑さに食欲が落ちてしまい、体重が減ってしまうことがよくあります。
ですが、最近では夏に太ってしまう「夏太り」で悩んでいる人も多いと言われています。
昔とは違い、今の夏はエアコンで快適な温度で過ごすことができます。
それなのに、夏バテしないようにと、うなぎやバーベキューばかりを食べてしまい、太ってしまうことが多いようです。

夏はビールのおいしい時期です。
ビールを飲めば食事も進みます。
これも、夏太りの原因になる1つです。
さらに、お盆での帰省や旅行などで、どうしても食生活が乱れてしまう機会が多くなってしまいます。
意外にも、夏は太りやすい季節なのかもしれません。
夏太りを予防するためにも、まずは野菜から食べるように気をつけてみましょう。
野菜から食べはじまえることで、血糖値の急激な上昇をおさえることができます。
それにより、体に脂肪がつきにくくすることができます。
1番最初に食べるものを、ご飯やパン、肉ではなく野菜にするだけなので、とても簡単です。
ひとことで「野菜」といっても、メニューはいろいろあります。
サラダは生野菜で手軽に調理することができますが、ダイエット効果をより高めたいと思ったら、あたたかい野菜を食べることをおすすめします。

夏太りの予防には、野菜スープがおすすめです。
夏にスープを食べると体が熱くなってイヤだと思う人もいるかもしれません。
ですが、意外にも夏はエアコンで体が冷えていることが多いです。
とくに女性はエアコンのため、手足が冷たくなってしまった経験があるかと思います。
体が冷えてしまい、体温が低くなると、基礎代謝が悪くなってしまいます。
基礎代謝が悪いということが、カロリーが消費されにくいということです。
この状態で夏バテしないように高カロリーのものを食べてしまうと、すぐに夏太りしてしまいます。
太りにくくすると同時に、基礎代謝をアップさせるために、夏の食事に、まず野菜スープを飲むことは、とても有効な方法です。
野菜は火を通すことで、量が少なくなります。
つまり、サラダで野菜を食べるよりも、スープにしたほうが、いっぱい野菜を採れるということです。
野菜スープだけで満腹感を得ることができますし、野菜に含まれている栄養も、サラダより多く採ることができます。
とうもろこしやレタスなど、食物繊維が豊富な夏野菜を食べれば、お通じもよくすることができます。
ダイエットの大敵である便秘も予防できる野菜スープを、上手に食事に取り入れるようにしてみましょう。

ダイエットをするなら有酸素運動をしてみましょう

ダイエットについての情報を調べていると、『有酸素運動』という言葉をよく目にします。
有酸素運動がダイエットにいいということは有名です。
けれど、有酸素運動って、そもそもどんな運動のことなんでしょう?
これから少し詳しく書いていこうと思います。

運動には大きく2つのものがあります。
有酸素運動と無酸素運動です。
有酸素運動は、継続的で比較的穏やかな力が筋肉にかかり続ける運動のことをいいます。
会話をしながら、体内に酸素を取り込むことができる運動と考えると、わかりやすいかもしれませんね。
具体的には、エアロビクス、水泳、ウォーキングなどが有酸素運動にあげられます。

無酸素運動は、有酸素運動の逆になります。
瞬間的に強い力が筋肉にかかる運動です。
息を止めて、一気にやる運動といえばイメージしやすいですね。
短距離走やハードル、重いものを持ち上げる筋肉トレーニングなどが無酸素運動になります。
やせるためには、体についた脂肪を燃やす必要があります。
脂肪を燃やすには、筋肉を動かさなければなりません。
ゆっくりと長く筋肉を動かす有酸素運動は、脂肪を燃やすのにピッタリな運動になります。

有酸素運動で脂肪を燃やすためには、2つのポイントがあります。
それは、20分以上運動を続けるということです。
運動をしはじめた直後は、血液中に含まれている脂肪が、まず最初に消費されていきます。
昼間に食べたすぎた食事のカロリーも、ここで消費されていきます。
20分以上運動し、血液中の脂肪がある程度なくなったら、皮下脂肪や内臓脂肪などが使われていきます。
有酸素運動をおこなう、もう1つのポイントは、ゆっくりと運動をすることです。
ダイエット効果を高めようと一生懸命運動をすると、呼吸が速くて浅いものになってしまいます。
これだと無酸素運動になってしまいます。

無酸素運動だと、筋肉を燃やすことができませんから、逆にダイエット効果は低くなってしまいます。
苦しいだけで、やせることができないので注意が必要です。
では、無酸素運動はダイエットには必要ないのかというと、そうではありません。
無酸素運動をおこなえば、体に筋肉をつけることができます。
脂肪を燃やすためには筋肉が必要ですから、筋肉量を増やすことができる無酸素運動も、ダイエットには必要な運動といえます。
まずは無酸素運動で筋肉を増やし、ゆっくりと有酸素運動で脂肪を燃やしていく。
2つの運動を上手に組み合わせていくことで、綺麗に効率よくダイエットをおこなうことができるはずです。

食事制限だけでやせるって、ムリですか?

ダイエットの手段といえば、食事制限と運動の2つをあげることができます。
ダイエットをしたいけど運動が苦手だからしたくないという人も、たくさんいるかと思います。
たしかに、普段運動をしていない人が、ダイエットにためにスポーツをはじめるのは、かなり大変なことです。
やり慣れていないため、どうおこなえばいいのかわからないし、間違った方法をしてしまったため、体を痛めてしまうという可能性もあるかもしれません。

また、消費カロリーの面を見てみても、運動の消費カロリーは低いです。
食事で500kcalをカットしたいなら、スナック菓子を1袋我慢すればOKです。
ですが、運動で500kcalをカットするなら、約7キロほどのランニングが必要になってきます。
効率的に体重を落とすなら、食事制限だけで充分なのかもしれません。
ですが、ダイエットで1番大切なことは『健康的に綺麗にやせること』です。
食事制限だけのダイエットは、脂肪だけではなく、筋肉も大きく減らしてしまいます。
筋肉が減れば、生命維持に必要な基礎代謝も低くなります。
適度に引き締まった綺麗なプロポーションにも、筋肉は必要です。
ダイエットをするなら、ぜひ食事制限と運動の両方を組み合わせて挑戦してみましょう。

運動と言っても、いきなりハードなものをする必要はありません。
普段運動をしていない人は、ストレッチからはじめてみることをおすすめします。
ストレッチをおこなうと、体が柔らかくなります。
膝関節や股関節が柔らかければ、運動をしてケガをするリスクも低くなります。
また、ストレッチをすると体全体の血行がよくなります。
そのことで基礎代謝があがり、ダイエット効果も大きくなります。
いつもの生活にストレッチを取り入れるだけなので、ぜひチャレンジしたいですね。
ストレッチをおこなうなら、入浴後におこなうのが効果的です。
体があたたまっているぶん、効果も大きくなります。
リラックス効果も期待することができます。

寝る前にストレッチをすれば、睡眠中に脳も体もリラックスすることができます。
寝不足が寝つきが悪いと悩んでいる人にも、ストレッチはおすすめです。
ストレッチは自宅で手軽におこなえます。
テレビを見ながらできるのも嬉しいポイントです。
簡単にできる運動のため、速効性はありませんが、長く続けていくことで体を引き締めて確実に体重を落とす効果があります。
まずは自分のペースを守って、少ない回数からはじめてみるのもいいですね。

ダイエットを成功させるために、目標をたててみましょう

一言で『ダイエット』といっても、その方法はたくさんあります。
テレビの情報番組や雑誌、インターネットを調べてみると、数多く検索ヒットされ、表示されます。
これほどたくさんの情報があるのは嬉しいですよね。
ですが、その反面、自分にはどのダイエットがピッタリなのか選ばなくてはなりません。
多くの情報の中から1つを選ぶことは大変です。

『楽にやせられる』『たったこれだけで、簡単に体重が落ちる』とアピールしているものもあります。
ですが、そのすべてが自分にピッタリのダイエット方法だとは限りません。
まずはダイエットの基本的な知識を身につけることで、自分にふさわしいダイエットは何なのかを考えてみるのも、いいかもしれませんね。
ダイエットの基本中の基本として、まず覚えておきたいことは、人間は食べたぶんしか太らないということです。
食べたら食べた分だけ、太る可能性があります。
逆を言えば、食べなければ確実にやせるということです。
それならば、何も食べない食事制限のダイエットをすれば、簡単にやせるのかといえば、そうではありません。
健康的に綺麗にやせるには、きちんと食べることも大切になってきます。
ダイエットを成功させるためには、きちんと目標を立てることも重要です。

具体的にあと何キロやせたいのか、イメージしてみましょう。
1カ月で3キロ落としたい。
夏までに5キロはダイエットしたいなぁ。
イメージすることができたら、どうやったら目標に近づけるかを想像してみましょう。
わたしたちの体には脂肪がついています。
ダイエットを成功させるには、この脂肪だけを落とすようにしていきましょう。
人間の体脂肪は、1キロで約7200kcalだと言われています。
いつもの食生活から約7200kcal少なくすれば、1キロやせることができるということです。
3キロやせたいなら約21600kcal分、いつもより消費するようにすればいいということになります。
1カ月なら、1日約700kcalということになります。
このように、具体的に700kcalという数字が見えると、ダイエットを頑張ろうというモチベーションの維持にもつながります。

普段、多くのカロリーを摂取しているという人は、食事制限だけで1日700kcalをカットすることができるかもしれません。
スナック菓子を食べる習慣がある人は、それを食べるのを我慢するだけで、だいぶ近づけることができます。
それに加え、運動も一緒におこなえば、目標の700kcalカットがずいぶん楽になるかもしれませんね。