野菜スープで、夏太りを予防しよう

「夏」というと、体重が落ちる時期だと思う人が多いかもしれません。
実際、うだるような暑さに食欲が落ちてしまい、体重が減ってしまうことがよくあります。
ですが、最近では夏に太ってしまう「夏太り」で悩んでいる人も多いと言われています。
昔とは違い、今の夏はエアコンで快適な温度で過ごすことができます。
それなのに、夏バテしないようにと、うなぎやバーベキューばかりを食べてしまい、太ってしまうことが多いようです。

夏はビールのおいしい時期です。
ビールを飲めば食事も進みます。
これも、夏太りの原因になる1つです。
さらに、お盆での帰省や旅行などで、どうしても食生活が乱れてしまう機会が多くなってしまいます。
意外にも、夏は太りやすい季節なのかもしれません。
夏太りを予防するためにも、まずは野菜から食べるように気をつけてみましょう。
野菜から食べはじまえることで、血糖値の急激な上昇をおさえることができます。
それにより、体に脂肪がつきにくくすることができます。
1番最初に食べるものを、ご飯やパン、肉ではなく野菜にするだけなので、とても簡単です。
ひとことで「野菜」といっても、メニューはいろいろあります。
サラダは生野菜で手軽に調理することができますが、ダイエット効果をより高めたいと思ったら、あたたかい野菜を食べることをおすすめします。

夏太りの予防には、野菜スープがおすすめです。
夏にスープを食べると体が熱くなってイヤだと思う人もいるかもしれません。
ですが、意外にも夏はエアコンで体が冷えていることが多いです。
とくに女性はエアコンのため、手足が冷たくなってしまった経験があるかと思います。
体が冷えてしまい、体温が低くなると、基礎代謝が悪くなってしまいます。
基礎代謝が悪いということが、カロリーが消費されにくいということです。
この状態で夏バテしないように高カロリーのものを食べてしまうと、すぐに夏太りしてしまいます。
太りにくくすると同時に、基礎代謝をアップさせるために、夏の食事に、まず野菜スープを飲むことは、とても有効な方法です。
野菜は火を通すことで、量が少なくなります。
つまり、サラダで野菜を食べるよりも、スープにしたほうが、いっぱい野菜を採れるということです。
野菜スープだけで満腹感を得ることができますし、野菜に含まれている栄養も、サラダより多く採ることができます。
とうもろこしやレタスなど、食物繊維が豊富な夏野菜を食べれば、お通じもよくすることができます。
ダイエットの大敵である便秘も予防できる野菜スープを、上手に食事に取り入れるようにしてみましょう。

産後ダイエットは、無理なくおこなうことが大切です

女性がダイエットしなくっちゃと決意する機会の1つに、産後があります。
出産のため、どうしても体には脂肪がついてしまいます。
無事に出産が終わったら、ダイエットに励んで、一日でも早く体重を元に戻したいものです。
ですが、なかなか出産前の体重に戻すことができなくて、気がついたら体重が5キロ、10キロも増えてしまったという人も、多くいます。

産後ダイエットに挑戦するときには、いつものダイエット以上に気をつけなければいけないポイントがあります。
それは、健康的にやせるということです。
急激に体重を落としてしまっては、育児に支障がでてしまうからです。
母乳育児をしているかたは、無理な食事制限はひかえるようにしましょう。
産後は、和食中心の食事をこころがけることが大切です。
和食は洋食と比べると、低カロリーで栄養のバランスが整った食事が多くなっています。
低カロリーで栄養バランスのいい和食をしっかりと採ることで、母乳にも影響なく、ダイエットをすることが可能です。

母乳を作るには、とても大きなエネルギーが必要です。
ですので、産後は太りやすいと同時に、やせやすい時期とも言われています。
厳しい食事制限や断食ダイエットをしなくても、食べ過ぎを注意するだけでやせる時期でもありますので、栄養バランスを見直すことが大切です。
産後ダイエットの次のポイントは、骨盤です。
赤ちゃんを出産するときに、骨盤は大きくゆがんでしまいます。
ゆがんでしまった骨盤は、出産してから数カ月かけて、ゆっくりと元に戻っていきます。
ですが、このときに骨盤がゆがんだままになってしまうことがあります。
骨盤がゆがんだままでは太りやすくなってしまいます。
骨盤の位置をキレイに矯正するには、産後すぐに骨盤矯正ベルトをつけるのが簡単です。
それにくわえて、骨盤の位置を矯正する運動を、産後ダイエットとしてとりいれてみるもの、おすすめです。

やりかたは、とても簡単です。
まずは立って足を肩幅に開きます。
そのままの姿勢で腰を大きく、ゆっくりとまわります。
前後左右、大きく円を描くようにするのがポイントです。
浮き輪をしていることをイメージして、腰で浮き輪をなぞることを意識すると、やりやすいと思います。
あとは、座ったままの姿勢で、おしりを左右に動かして進む、おしりある気も、骨盤矯正には効果的です。
おしり歩きは、骨盤矯正だけではなく、下半身全体をキュっと引きしめる効果もあります。
産後の女性だけでなく、下半身をシェイプアップしたい女性にも、おすすめの運動です。

普段の生活を見直して、簡単にウエスト&脚を引きしめましょう

おなか回りは、食べすぎるとポコンとふくらんで、目立つ部分です。
おなか回りが気になって、ダイエットをはじめようと決意する人も多いかと思います。
おなかをへこませるために、一生懸命腹筋をしてみても、効果があらわれるまでは、かなり時間がかかります。
毎日腹筋をする暇がないこともあります。
ですが、わざわざ腹筋をしなくても、毎日の生活を意識することで、おなかを鍛えることができます。

まずは、自分の歩き方を見直してみましょう。
膝を曲げて、ペタペタとペンギンのように歩いたり、猫背で歩いている人は注意が必要です。
このような歩き方は美しくないと同時に、ポッコリとしたおなかの原因になることがあるからです。
どうせ歩くなら、ウエストを引き締める効果のある歩き方を実践してみましょう。
最初に、上半身をまっすぐ引きあげることを意識します。
おへそから頭に向かって1本の線が描かれていることをイメージします。
それだけで姿勢がよくなり、背中やおなかの筋肉を鍛えることができます。
ペタペタと足を引きずるようにして歩いている人は、太ももをあげて歩くことを意識してみましょう。
だらしない歩き方を改善すると同時に、太ももの筋肉を鍛えるトレーニングにもなります。
歩き方の姿勢を意識するだけで、体全体の筋肉を鍛えることができます。
運動がする暇がないという人には、とても効果がある方法です。

それと一緒に、足を細くする運動をしてみるのも効果的です。
脚は、食事制限のダイエットだけでは、なかなか細くすることができない部分です。
運動でひきしめてあげる必要があります。
どうせ運動をするのなら、脚やせ効果の高い運動をしたいですよね。
足を引き締める運動のやり方は、とても簡単です。
つま先立ちをして、片足上げをするだけです。
バランスを崩さないよう、椅子の背もたれなどをつかみながら、片足を後ろにあげます。
その状態で、つま先立ちになり、後ろにあげた足を前後に振ることで、簡単に脚の筋肉を鍛えることができます。
片足ずつ15回ほど繰り返すだけでOKなので、テレビを見ながらでもおこなうことができます。

この、つま先立ちでの片足あげですが、足全体を細くする効果があるだけではなく、バランス力や体幹を鍛える効果もあります。
体幹が鍛えられていると、姿勢が美しくなります。
毎日おこなうウォーキングを、ちょっと意識するだけで、ウエストや脚をシェイプアップすることができます。
意識しておこない、習慣になるようにしていきたいですね。

シンプルにできる3つのダイエット方法

ダイエットは、一生懸命がんばったからといって、1日や2日で、すぐに効果があらわれるものではありません。
長い月日を視野にいれて、計画的におこなう必要があります。
また、体重が落ちたからといって、食事の量を元に戻してしまうのも、注意が必要です。
食事制限をしたあとは、体が脂肪を蓄積しやすい状態になっているので、油断は禁物です。
ダイエットを成功させるには、シンプルなダイエット方法を健康と美容のために続けることが大切になってきます。

シンプルなダイエット方法の1つに、「砂糖断ちダイエット」があります。
砂糖断ちダイエットは、その名前のとおり、砂糖を含む食品を食べないようにするダエイッとのことをいいます。
ケーキやドーナツ、アイスクリームなど、口寂しいときに、ついつい食べてしまいがちですが、我慢するようにしましょう。
飲み物の砂糖も、知らないうちに摂取していることが多いです。
コーヒーや紅茶には、意外にも多くの砂糖が含まれているので、注意が必要です。
砂糖を摂取しないように心がけるだけで、体の脂肪が減りやすい体質へと改善することができます。
一時期、「炭水化物抜きダイエット」が流行したことがあります。
うどんやパスタ、パンなどの多く含まれている炭水化物はエネルギー源として必要なものです。
食べすぎは体に、よくありません。
炭水化物のとり過ぎに注意し、タンパク質や野菜をしっかりとるように意識するようにしましょう。
ビタミンやミネラル、食物繊維を摂取することになるので、腸の調子を整えることができます。
代謝がよくなり、ダイエットの効果も高まります。

食事を工夫するダイエットと同時に、筋肉を鍛える運動をするのも、おすすめです。
筋肉量を増やすことで、代謝のいい体へと体質を変化させることができます。
筋肉トレーニングをするときは、大きな筋肉を鍛えることがポイントです。
太もも、背中、胸にある筋肉はビック3と呼ばれる大きな筋肉です。
ここを鍛えることで、効率的に代謝を改善させることができます。
スクワットは手軽におこなうことができる筋肉トレーニングの代表です。
テレビを見ながらでも、おこなうことができます。
スクワットを続けるのは苦しいと思う人も多いかと思いますが、腹筋を100回するよりもスクワット15回したほうが効果は高いと言われています。
15回ぐらいなら、テレビを見ながら簡単にスクワットができそうですよね。
シンプルにできる3つのダイエット方法を普段から続け、習慣にしてしまいましょう。

上手なプチ断食のやりかた

1日でも早く目標体重に近づけるようにダイエットをしたいと思う人も多いかもしれません。
そんな人におすすめしたいのが、プチ断食です。

断食といえば、つらいものというイメージが強いですが、週末だけ食事を我慢するプチ断食は、今、とても人気のあるダイエット方法になっています。
プチ断食の方法は、とても簡単です。
週末の1日間だけ、食べ物を我慢するダイエットです。
スポーツジムやエステに通うことなく、自宅で手軽におこなうことができます。
断食というと、食べ物はもちろん飲み物も口にしてはいけないようなイメージが強いかと思います。
ですが、プチ断食では飲み物を飲むことができます。
腹持ちのいい野菜ジュースなどを上手に取り入れれば、プチ断食の成功率も大きくなるはずです。
プチ断食は体重を落とすのにとても有効であると同時に、内臓を休ませることができるという利点もあります。
食事ととらないことで、胃や腸を休ませることができます。

腸内にたまっている老廃物を全部取り除くこともできるので、プチ断食はおすすめです。
プチ断食をはじめるなら、前日の食事量を少しおさえるのがポイントになります。
それにより、体へとかかる負担を少し軽くすることができるからです。
負担が大きくなるとストレスにもなるので、前日の準備期間は重要です。

また、プチ断食をした次の日の食事も大切になってきます。
食事をしていない胃や腸に、急に消化の悪いものや、大量のものを入れるのはよくありません。
脂っぽい食事を避け、少しずつ元の食事に戻すようにしていきましょう。
プチ断食をしたことで、胃の大きさも小さくなっているはずです。
せっかく胃が小さくなっているので、一気の食べて胃を大きくすることはもったいないです。
小さくなった胃の状態が普通だと思えるよう、少しずつ食事の量を増やすようにしていきましょう。
プチ断食をしている途中で、どうしてもなにか食べたい時があるかもしれません。
そんなときは、ダイエットを中断させてしまうよりも、ヨーグルトを食べて気を紛らわせて、最後まで実行するようにしてみましょう。

ヨーグルトは腸内の環境をキレイに整えてくれる働きがあります。
プチ断食で腸内の食べ物が少ない時こそ、ヨーグルトを食べれば、その働きも大きく作用してくれます。
プチ断食はダイエットのためだけではなく、美容や健康維持にも効果があります。
ぜひ、モチベーションを下げないよう、うまくヨーグルトや野菜ジュースを使って、チャレンジを続けていきたいですね。

ダイエットの停滞期をむかえたら

ダイエットに挑戦して、みるみる体重が落ちていくのは嬉しいですよね。
体重計に乗るたびに目標体重に近づいていくのを見ていると、このまま簡単にダイエット成功するんじゃないかなって思ってしまいます。
ですがダイエットには、なかなか体重が落ちなくなる停滞期というものがあります。
順調に体重が落ちていった後に停滞期にはいると、ダイエットを続けるモチベーションがさがってしまいます。
ダイエットを成功させるには、いかに早く停滞期を脱出するかにかかっているのかもしれません。
停滞期について、少し紹介していきたいと思います。

ダイエットは、食事で得た摂取カロリーよりも、基礎代謝や運動などでの消費カロリーが大きくし、体重を落とすことをいいます。
これを守っていれば体重は減るはずなのに、何故停滞期が起きてしまうのか?
それは、人間に備わっている体の機能に原因があります。
人間には『ホメオスタシス機能』というものがあります。
これは、体を一定の状態に保ち続けるという機能です。
ホメオスタシス機能は、わたしたちの健康状態を記憶していて、急激な変化が起きた時に、元の状態に戻すようにする働きをします。
怪我や風邪が完治するのはホメオスタシス機能が働いているからです。

このホメオスタシス機能がダイエットに作用してしまうのが、停滞期になります。
ダイエットで体重が減り続けていく状態を異常だと感じて、元の体重に戻すように働くのです。
停滞期はダイエットをはじめて1ヶ月~2ヶ月の間に経験する人が多いようです。
停滞期は、ずっと続くわけではありません。
ですが、長く続けば続くほど、ダイエットのモチベーションがなくなってしまいます。
1日でも早く、停滞期を脱出できたら嬉しいですよね。
炭水化物を抜くダイエットや断食などは、停滞期になりやすいダイエットといわれているので注意が必要です。
停滞期を早く脱出するには、食事の量を極端に減らすダイエットは控えたほうがよさそうです。

また、停滞期になると、もっと運動をしなくてはいけないと思ってしまいがちですが、これにも注意が必要です。
運動をして体重を落とすことは難しいかもしれませんが、筋肉量を維持するためにも運動は必要です。
停滞期になったら、いつもと違う運動をしてみて、気分転換をしてみるといいかもしれません。
停滞期を迎えずにダイエットをすることはできません。
停滞期がきたということは、自分のダイエットが順調に進んでいるんだと思ってモチベーションを維持することも大切です。

ダイエット中に摂取したい4つの栄養素

ダイエットといっても、ただ単に体重が減ればいいというものではありません。
ダイエットの目的の多くが、プロポーションを整えて綺麗に体重を落とすことではないでしょうか。
そのためには、やみくもに食事の量を減らすことは、ひかえたほうがいいかも知れません。
綺麗にやせるためには、過剰に摂取していたカロリーを減らしつつ、必要な栄養は積極的にとっていく必要があります。
ダイエットで食事制限をしてしまうと、どうしても栄養のバランスが崩れてしまいます。
栄養のバランスが崩れている状態は、なかなかやせづらい状態ともいえます。
体を作るための栄養が足りていないため、体についてしまった脂肪を燃焼させることが難しくなってくるからです。

ダイエット中だからといえども、きちんと食べなくてはいけないものは食べるようにしていきましょう。
まずは、1日の食事を3回にするようにしてみましょう。
ついつい、朝食を抜いたダイエットが効果があるように思ってしまいますが、さほど大きな効果は期待できません。

1日2食でも、トータルで食べる量が変わっていなければ、むしろ逆効果かもしれません。
1日2食では、1日3食と比べると空腹の時間が長くなります。
空腹が長くなれば長くなるほど、次の食事で摂取したものを、体は脂肪として保存しようとします。
1日2食にすることは、ダイエットに不向きですし、栄養もかたよってしまうので、美容にもよくありません。
ダイエットで食事制限とすると、さまざまな栄養が不足します。

その中でも、鉄分、タンパク質、ビタミンB群、亜鉛の4つは特に注意が必要です。
鉄分が不足すると貧血になることは、よく知られています。
ほかにも、手足が冷えたり、疲労を感じやすくなってしまいます。
ホウレンソウやレバー、納豆などで鉄分を摂取するようにしましょう。
タンパク質は肌の細胞を作る栄養素の1つです。
タンパク質が不足するということは、肌荒れに繋がります。
タンパク質は肉や魚に多く含まれています。
ダイエットだからといって、肉をまったく食べないのは控えてほうがいいかもしれません。
ビタミンB群は体を動かすためのエネルギーを作ります。
卵や牛乳から摂取できる栄養です。
レバーにも含まれているので、鉄分を一緒に摂取していくのも、いい方法です。
亜鉛はアンチエイチング効果のある栄養です。
ダイエットをしていて、『老けた?』と聞かれたことはありませんか?
もしかしたら、亜鉛不足かもしれません。
亜鉛は肉や魚に含まれているので、適度に摂取するように心がけたいですね。

ダイエットのモチベーションを維持するために…

ダイエットが長続きしなくって悩んでいる人は、とても多いと思います。
また、一度体重が落ちてダイエットが成功したものの、気がついたら元の体重に戻ってしまった人も、たくさんいるかと思います。
いわゆる、リバウンドですね。
ダイエットが失敗してしまう原因は、いくつかあります。
自分にあっていないダイエット方法を選んでしまったことや、目標を高く設定してしまったことなど、さまざまです。

1人でダイエットに挑戦することも、失敗につながりやすくなるので注意が必要です。
1人でダイエットをしていると、どうしてもモチベーションがさがってしまいます。
自分のダイエットを応援してくれる人もいません。
もし失敗しても、誰にもバレることがありませんし、怒られることもありません。
ついつい、ダイエットをサボってしまい、失敗へと繋がっていきます。
そんなときは、友人やSNSなどでダイエット宣言をしてみるのも、1つの方法です。
自分のダイエットを見守っている人がいると思うと、やせたいというモチベーションが長く維持されます。
また、ダイエットのアプリを使うという方法もあります。
スマホにダイエットアプリをインストールすれば、スマホを使用する時にダイエットのことを思い出しことができます。

ダイエットアプリの中には、自分の食生活や体重を書きこんだり、それをSNSへと発信できるものもあります。
上手に利用して、モチベーションを保っていきたいですね。
ひとことでダイエットアプリといっても、数多くの種類があります。
まずは、自分の今の体重を入力するだけのシンプルなものから使いはじめるのがおすすめです。
最初に自分の目標体重を設定して『目標まであと**キロ』と表示されるものが主流です。
あとどれぐらい頑張ればいいのか、一目でわかります。
また、毎日の自分の体重をチェックしているので、ダイエットをしてどのぐらい体重が減ったのか、すぐにわかるという利点もあります。
確実にやせていってるのを知ることで、ダイエットのモチベーションもあがってくるはずです。
シンプルな体重を入力するだけのアプリに慣れてきたら、食事を記入できるアプリへと変えてみるのも楽しいです。

『なにも食べていないはずなのに、全然やせないな』って思っている人も多いかもしれません。
ですが、いざ記録をつけてみると、意外と食べているものです。
食事内容を記入できるアプリは、知らないうちに食べてしまっている間食を気づくことができるので、おすすめです。