soup

野菜スープで、夏太りを予防しよう

「夏」というと、体重が落ちる時期だと思う人が多いかもしれません。
実際、うだるような暑さに食欲が落ちてしまい、体重が減ってしまうことがよくあります。
ですが、最近では夏に太ってしまう「夏太り」で悩んでいる人も多いと言われています。
昔とは違い、今の夏はエアコンで快適な温度で過ごすことができます。
それなのに、夏バテしないようにと、うなぎやバーベキューばかりを食べてしまい、太ってしまうことが多いようです。

夏はビールのおいしい時期です。
ビールを飲めば食事も進みます。
これも、夏太りの原因になる1つです。
さらに、お盆での帰省や旅行などで、どうしても食生活が乱れてしまう機会が多くなってしまいます。
意外にも、夏は太りやすい季節なのかもしれません。
夏太りを予防するためにも、まずは野菜から食べるように気をつけてみましょう。
野菜から食べはじまえることで、血糖値の急激な上昇をおさえることができます。
それにより、体に脂肪がつきにくくすることができます。
1番最初に食べるものを、ご飯やパン、肉ではなく野菜にするだけなので、とても簡単です。
ひとことで「野菜」といっても、メニューはいろいろあります。
サラダは生野菜で手軽に調理することができますが、ダイエット効果をより高めたいと思ったら、あたたかい野菜を食べることをおすすめします。

夏太りの予防には、野菜スープがおすすめです。
夏にスープを食べると体が熱くなってイヤだと思う人もいるかもしれません。
ですが、意外にも夏はエアコンで体が冷えていることが多いです。
とくに女性はエアコンのため、手足が冷たくなってしまった経験があるかと思います。
体が冷えてしまい、体温が低くなると、基礎代謝が悪くなってしまいます。
基礎代謝が悪いということが、カロリーが消費されにくいということです。
この状態で夏バテしないように高カロリーのものを食べてしまうと、すぐに夏太りしてしまいます。
太りにくくすると同時に、基礎代謝をアップさせるために、夏の食事に、まず野菜スープを飲むことは、とても有効な方法です。
野菜は火を通すことで、量が少なくなります。
つまり、サラダで野菜を食べるよりも、スープにしたほうが、いっぱい野菜を採れるということです。
野菜スープだけで満腹感を得ることができますし、野菜に含まれている栄養も、サラダより多く採ることができます。
とうもろこしやレタスなど、食物繊維が豊富な夏野菜を食べれば、お通じもよくすることができます。
ダイエットの大敵である便秘も予防できる野菜スープを、上手に食事に取り入れるようにしてみましょう。