sarada3

ダイエットの停滞期をむかえたら

ダイエットに挑戦して、みるみる体重が落ちていくのは嬉しいですよね。
体重計に乗るたびに目標体重に近づいていくのを見ていると、このまま簡単にダイエット成功するんじゃないかなって思ってしまいます。
ですがダイエットには、なかなか体重が落ちなくなる停滞期というものがあります。
順調に体重が落ちていった後に停滞期にはいると、ダイエットを続けるモチベーションがさがってしまいます。
ダイエットを成功させるには、いかに早く停滞期を脱出するかにかかっているのかもしれません。
停滞期について、少し紹介していきたいと思います。

ダイエットは、食事で得た摂取カロリーよりも、基礎代謝や運動などでの消費カロリーが大きくし、体重を落とすことをいいます。
これを守っていれば体重は減るはずなのに、何故停滞期が起きてしまうのか?
それは、人間に備わっている体の機能に原因があります。
人間には『ホメオスタシス機能』というものがあります。
これは、体を一定の状態に保ち続けるという機能です。
ホメオスタシス機能は、わたしたちの健康状態を記憶していて、急激な変化が起きた時に、元の状態に戻すようにする働きをします。
怪我や風邪が完治するのはホメオスタシス機能が働いているからです。

このホメオスタシス機能がダイエットに作用してしまうのが、停滞期になります。
ダイエットで体重が減り続けていく状態を異常だと感じて、元の体重に戻すように働くのです。
停滞期はダイエットをはじめて1ヶ月~2ヶ月の間に経験する人が多いようです。
停滞期は、ずっと続くわけではありません。
ですが、長く続けば続くほど、ダイエットのモチベーションがなくなってしまいます。
1日でも早く、停滞期を脱出できたら嬉しいですよね。
炭水化物を抜くダイエットや断食などは、停滞期になりやすいダイエットといわれているので注意が必要です。
停滞期を早く脱出するには、食事の量を極端に減らすダイエットは控えたほうがよさそうです。

また、停滞期になると、もっと運動をしなくてはいけないと思ってしまいがちですが、これにも注意が必要です。
運動をして体重を落とすことは難しいかもしれませんが、筋肉量を維持するためにも運動は必要です。
停滞期になったら、いつもと違う運動をしてみて、気分転換をしてみるといいかもしれません。
停滞期を迎えずにダイエットをすることはできません。
停滞期がきたということは、自分のダイエットが順調に進んでいるんだと思ってモチベーションを維持することも大切です。